やまがたへの旅

イベント・祭

花笠踊り(銀山温泉)

はながさおどり

 大正8年、尾花沢市のかんがい用水確保のため徳良湖築堤工事が行われ、その際に唄われた土搗き唄が「花笠音頭」の発祥とされています。
 また、その土搗き唄に合わせて、笠を廻して即興で踊ったものが「花笠踊り」の原型とされ、現在では尾花沢のみならず、山形県を代表する文化のひとつと なっています。
 なかでもおばなざわ花笠踊りは、笠を勢いよく廻す「笠廻し」が特徴で躍動感あふれる踊りです。

information

やまがたへの旅