やまがたへの旅

温泉三昧

赤倉温泉

あかくらおんせん

つらい病もどこへやら・・・
芭蕉も浸かった神秘の薬湯

静かで素朴な雰囲気の赤倉温泉は、慈覚大師が諸国行脚の最中に見つけたといわれています。
また、松尾芭蕉が訪れ奥の細道に登場する封人の家も有名です。

四方山に囲まれ温泉街の中を小国川の清流が流れ河鹿の音が耳に入る、情緒ゆたかな山麓の温泉。
神経痛、リウマチ、肩こり、腰痛、疲労回復などの温泉に共通する「一般適応症」の効果があります。
独特の「泉質別適応症」として、「美肌づくり」「傷の治癒」にも定評があります。

information

やまがたへの旅