やまがたへの旅

温泉三昧

赤倉温泉

あかくらおんせん

豊富な湯量を誇る 源泉かけ流しの湯

いにしえよりの名湯、赤倉温泉はその豊富な湯量が自慢。全館かけ流しの本物の温泉です。開湯は1100余年の昔。貞観5年(863年)、諸国行脚の旅にあった慈覚大師が、村人たちが傷ついた馬を小国川の川湯に入れて治しているのを見て、錫杖で岩を掘ったところ湯が噴出したと伝えられています。(今でも、温泉街の真ん中を流れる小国川の石を掘ると、温泉が湧き出ます。)泉質はナトリウム・カルシウム・硫酸塩温泉で、関節痛、神経痛、動脈硬化などに効くと言われており、湯から上がった後、いつまでもぽかぽかと体が温かい。いわゆる温まり(あったまり)の湯です。各宿が持つ源泉をお楽しみください。

information

やまがたへの旅