やまがたへの旅

観光スポット(山形の歴史)

羽州街道 楢下宿

うしゅうかいどう ならげしゅく

宿場町の面影を今に伝える


羽州街道は、福島県の北方桑折で奥州街道と分かれ、宮城県の七ヶ宿を通り、上山・山形・新庄・久保田・弘前などの城下町を結んで青森に達している。

この街道は参勤交代の道として、地元の上山藩をはじめ久保田藩・庄内藩など13藩の大名や多くの旅人が往来し、物資が運ばれた。

楢下宿は、羽州街道を宮城県側から入る場合には、七ヶ宿を経て金山峠を越えたところにあり、最初の本陣を中心とした宿駅であった。

現在は、「大黒屋」「山田屋」「庄内屋」「旧武田家」を自由に見学することができ、「滝沢屋」は歴史資料展示館として当時の資料を見ることが出来る。
金山川沿いの眼鏡橋(覗橋・新橋)の景観も美しい。

information
  • 名称

    羽州街道 楢下宿

  • 電話番号

    023-672-1111

  • 定休日

    毎週水曜日、年末年始

  • 料金

    「滝沢屋」のみ入館料が必要。
    大人220円、学生160円、小人50円(団体割引あり)

    ※【2020年6月2日】現在の情報です。
     実際と異なる場合がございますので、
     詳しくは直接お問い合わせ下さい。

  • アクセス

    かみのやま温泉駅より車約20分

  • 駐車場

    「大黒屋」隣…普通車、マイクロバスまで 「滝沢屋」…大型バス可

  • お問い合せ先

    上山市教育委員会 生涯学習課

  • ルート検索

    現在地からのルートを検索

  • 最終更新日

    2020年6月2日

やまがたへの旅