やまがたへの旅

観光スポット(山形の自然)

新庄城址・最上公園

しんじょうじょうし・もがみこうえん

寛永2(1625)年に新庄藩祖戸沢政盛が築いた新庄城趾の公園

新庄市は、新庄藩6万8千2百石の城下町です。
その居城新庄城は、三重の堀に囲まれた平城で、戸沢氏が初代藩主政盛から11代正実まで約243年にわたり領内を治めました。
現在は、当時の堀や石垣を残し戸沢神社・天満宮・護国神社がまつられています。
「最上公園」として市民憩いの場となっており、春にはソメイヨシノやシダレザクラなど約300本の桜が咲き誇ります。
春まつり・カド焼きまつりでは、大勢の花見客で賑わいます。

information

やまがたへの旅