やまがたへの旅

観光スポット(山形の歴史)

荘内神社宝物殿

しょうないじんじゃほうもつでん

酒井家藩主を慕う鶴岡の人々の想いから生まれた神社

明治10年(1877年)、旧藩主を慕う庄内一円の人々によって鶴ヶ岡城旧本丸跡に創建されました。創建から120年以上を経た今も「神社はん」の愛称で、市民や近在の人々の心のよりどころとして親しまれている神社です。境内にある「宝物殿」では藩主ゆかりの武具、美術工芸品などの貴重な品々や古くから城下に受け継がれてきた古典雛、五月人形などを季節ごとにテーマを替えて展示しています。

information

やまがたへの旅